自作釣具(遠投ウキ) 伊豆半島の釣りとレコード♪

伊豆半島の釣りとレコード♪ Top > 自作釣具(遠投ウキ)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) スポンサー広告

来年用の材料の準備

 今週に入りまた暑い日が続き、しかも仕事も現場が多いのでかなりバテ気味
でございます。早く涼しくなって欲しいですね。

 気持ちは早いですが、来年度(2013年)用のウキやカゴの材料をそろそろ
仕入れようかと早速amazonにて取り寄せてみました。

(これは夜光ウキに使用予定)2012822-02.jpg

 なかなかホームセンターでは売っていない0.4ミリ厚、半透明塩ビ板です。
今回は夜光ウキに使用して、マズメ時に少しでも見やすいようにしてみようと
思います。

 あとはウキの発泡材も在庫が少なくなっていたので10本ほど購入しました。
来年のバージョンは今年制作の物の教訓を活かして制作してみようと思います。
また12月にまとめて制作する予定です。

2012822-01.jpg

 (Space Maid/Do You Remember The Rock'n'roll Radio? 7")

 暑い時はやっぱり黒ラベルとラモーンズです。といってもカヴァーですが、
まんま+このスペイシーさ加減が大好きです。you tubeでは探しましたが
なかったです。ピンクヴィニール7"でロックンロールレディオってだけで
なんだか嬉しくなってしまいますね〜♪

にほんブログ村 釣りブログ 磯釣りへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

過去の制作釣具の改修

 過去に自分の制作したウキをあらためてみていて、
やっぱ全然ダメだという事を最近ようやく理解しました。

 重すぎ、羽大きすぎ、バランス悪すぎ、、、
特に夜釣り用は最悪でした、、。
(こんなウキを公開していて恥ずかしく思いました、、すみません)

 で、じゃあ捨ててしまおう、なんてのも資源の無駄ですし、
またまた作る手間を考えると微妙。
なので、現状からの羽根のカット、穴あけ、ウキ管外してウエイト
取り付けといったプチ改修してみました。

2012428-07.jpg

 いかにも重そうなコチラと、2011年春に制作したものを
この様に改修しました。

2012428-06.jpg

 羽根の穴あけは飛び方にどのような影響があるのか
未知数でしたが、軽量化のためやってみた。

2012428-02.jpg

 完全ではないですが、マシになりました。
なんとか使えるレベルでしょうか。

 あとは、数本まだあるので時間のある時に改修します。

 ついでに夜釣り用カゴ、ウキも新たに制作しました。
これとグリーン*ピンクの小型(12号対応)も。
夜光スプレーは色乗りが悪く難しい。

2012428-03.jpg

2012428-05.jpg

 これから青物が釣れだす8月までは地磯の夜釣りが
メインとなります。今年は私は真鯛はダメでしたね。

にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ 磯釣りへ
にほんブログ村
 


2012年シーズン用ウキ、カゴ(途中経過)

 こんばんは。

 ようやく今年の仕事も繁忙期をすぎ、一段落しましたので、
11月からあたためていた来年用の遠投ウキ、遠投カゴの制作に。

 今回のラインナップは以下の様になります。

遠投ウキ→昼用 14号(ダイコー 槍雅3-585用) * 6本
     昼用 15号(がまかつ カゴsp4-53用) * 6本
     夜用 14号(ダイコー 槍雅3-585用) * 6本
     夜用 12号(ダイワ グレーダー4-58用)* 6本

遠投カゴ→昼/夜用 14号 * 各4個
     昼用 15号 * 4個
     夜用 12号 * 4個

 (あくまでも軽めのラインナップです)

 今回はウキは重心を前回より前に移動、羽根も少し小さめの改良。

 数量が数量なので、休み、仕事の合間に少しずつ進めていますが、
これが中々進みません、、、。

 現状がこんな感じです。

写真 2

写真 1

 後は下カゴの切削、ウキボディーの切削と組み上げですが、
こちらはまだまだかかってしまいそうですね、、。

 カゴ、ウキは消耗品なので、仕事の落ち着く12月頃から制作して
6月からの夜のイサキ釣りでデビューの予定。
それから少なくなった分を毎度作っていこうかなと思っています。

 ところで、材料の話ですが、カゴの材料にしている
パイプジョイントですが、2タイプあり、一つは矢崎化工さんの
イレクター(おなじみですね)ともう一つがスペーシアさんの
パイプジョイントなんですが、私は後者を使い自作しています。

写真 3

(左がイレクター、右がスペーシア)

 はじめはイレクターを使用していたのですが、
内部の補強の十字が結構厄介で、浮力材に切り込みを入れるか
それとも中抜きするかなのですが、いずれも納得のいく仕上がりに
ならず、十字と浮力材の隙間にコマセがはさまったまま残ってしまい
衛生面も気になっていました。

写真 1a

(イレクターの内部)

 が、スペーシアにはこの十字が無くスムーズに浮力材を仕込め
非常に納得のいく仕上がりに。

写真 2a

写真 3a

 また、中抜きをするとコーティングをかけないと
オキアミのエキスが浸透してしまいカゴ自体が変色してしまうので
こちらもスペーシアなら不要、オキアミのエキスも浸透しないので
安心。(変な所で神経質でスミマセン、、)

 ただ、スペーシアは正円ではないので旋盤で削る際に
結構ガタツキがでて面倒ですが、最近は木工のみで切削していますので
あまり気にならなくなりました。

 削った際に油性の透明ラッカーを軽くかけると
表面が少しだけエンボス調になり非常に奇麗になりました。
(オキアミのエキスによる変色も防げています。)

 マニアックなところで申し訳ないですが、
早く完成させたいところです。

にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ 磯釣りへ
にほんブログ村

 



データベース化したウキは、、、

 取りあえず完成です。
少し仕事が一段落したので、何とか作れました。

11-07-19_001.jpg

11-07-19_003.jpg

 ボディの削りがやはり中々均等にいかず苦戦しましたが
取りあえず、まあまあの完成度です。

 で、12号負荷のカゴも制作してみました。

 蛇足かも、、、ですが、ケミホタル25装着可能タイプに。
(ハリス絡みが少なければ実用的ですが、、、)

11-07-19_004.jpg

 で、100均を見ていると気になる品が、、、。

11-07-20_002.jpg

11-07-20_003.jpg

 で、(まだ中途半端ですが、、)早速設計。

一発カゴ

 拡大はコチラ。

 来週はこれに時間が取られてしまいそうな予感、、。

 でも、釣り具制作は楽しすぎですね。。

にほんブログ村 釣りブログ 磯釣りへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ カゴ釣りへ
にほんブログ村

遠投ウキ 本体の作成

 こんばんは。
大雨と台風で今週は釣りは勿論厳しく、、。

 で、昨日は我が家の小さな怪獣ちゃんが(笑)帰宅。
予想通り昨夜は大暴れしてくれましたね。
こりゃ、しばらくは大変でございますね(笑)

 今日はそんなで、少し時間があったので
前回作った羽根のボディとくみ上げを。

11-05-29_002.jpg

 まずは最近購入の藤原産業YH-100木工全盤に
チャックを装着して芯を掌握出来る様に。

 ただし、これだけではカゴの作成はまだ不可なので、
こちらはスクロールチャックを装着出来るフランジを現在
制作してもらっています。

 軟質発泡材に外径4パイ、内径2パイのABSパイプを
接着し、中央の軸がずれない様にステン棒を挿入して
旋盤を回転させながらテフロン加工アイロンにて切削。

 回転速度は2500RPM/分くらい。温度は取りあえず一番高温で。

11-05-29_003.jpg

 12号に設定してこんな感じで完成。

11-05-29_004.jpg

 やはり旋盤でやるとかなり奇麗に仕上がりますね。
毛羽立ちも電動ドリル代用とは全く違います。

 後は真鍮パイプ内径2パイをカット+先端を潰し、
2パイの穴あけ+グラスソリッド2パイにアロンで接着。

11-05-29_005.jpg

11-05-29_006.jpg

 羽根、ボディを固定、接着して完成です。

11-05-29_007.jpg

 梅雨時期ですし、
次回はカゴの制作に入りたいと思います。

ランキング参加しています。
ご協力お願い致します!

にほんブログ村 釣りブログ 磯釣りへ
にほんブログ村

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。