自作釣具(カゴ) 伊豆半島の釣りとレコード♪

伊豆半島の釣りとレコード♪ Top > 自作釣具(カゴ)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) スポンサー広告

大容量カゴの制作

 今週は明日も仕事ですが、週末は釣りには行かず
娘チャンと遊ぼうかと思います。

 そろそろ暑くなってきて青物も回りだす季節に
なりました。そこで、8月からの青物釣りのために
コマセの良く入る大容量カゴを制作してみました。

 今回も市販のロケットカゴを流用して制作。

201261-03.jpg

 今回は竿への負担も考えコマセを詰めて105グラム
前後になるように目指して制作。
理論値上は左側の透明タイプが以下の容量計算①、
ピンクが以下の容量計算②となりますが、

①(筒部分)1.5(半径)*1.5(半径)*3.14*6.8(長さ)
 =48.042cc
 (円錐部分)1.5*1.5*3.14*3.7(長さ)*1/3
 -0.7*0.7*3.14*1.5*1/3(パイプ部分)
  =7.9442
 合計55.9862cc

②(筒部分)1.45(半径)*1.45(半径)*3.14*4.7(長さ)
 =31.028cc
 (円錐部分)1.45*1.45*3.14*3.7(長さ)*1/3
 -0.7*0.7*3.14*1.5*1/3(パイプ部分)
  =7.9442
 合計38.9772cc

 濡れティッシュを満タンに詰めてみると①で47グラム、
②で36グラムとやはり差がでたので、
今回はコマセには濡れティッシュの方が近いと思い
以下のような重量設定としました。

201261-01.jpg
(濡れティッシュ=コマセ想定で108グラム、理論値上で110グラム)

201261-02.jpg
(濡れティッシュ=コマセ想定で107グラム、理論値上で115グラム)

 あとは意外とここのパイプの取り付けが面倒でした。

201261-04.jpg

 少しオーバーしてしまいましたが、コマセ量も毎回ぎっちり満タン
に詰めることもなさそうですし、大丈夫かな。。

 夜釣りはお盆前まで、その前後から青物を狙ってみようと思います。

にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ 磯釣りへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

道具のあれこれ【シモリ玉とカゴ】

 先日釣ったイサキは干物にして昨晩頂きました。
やはり梅雨~夏が旬の魚だけあってか、とてもさっぱり
した味わいで、干物にしたことでうまみが増しとても
満足でした。

 で、今回は少しだけ最近使っている道具のご紹介です。

 まずはシモリ玉ですが、市販のシモリ玉にはプラのものや、
今は廃盤になっているセラミックのもの(V.I.Pさんから少量
出回っているみたい)、フカセ用など色々とありますが、
カゴ釣りでは個人的にはセラミックの自重のあるタイプが
とても使いやすいと思います。
(ウキが程よくカゴと離れて飛んでいくので)

 ですが、前述のセラミック(特に6ミリ)はなかなか売っておらず、
値段も4個で300円前後(V.I.P)とそれなりのものでした。

 そこで以下のものを試してみた所、自重もあり今の所ラインにキズも
つかなかったので最近は愛用しています。

2012521-01.jpg

 値段も11個で360円くらいで、下田漁具さんより出ているので
廃盤とかにはなっていない模様。

2012521-03.jpg

 大きさ表記はLサイズとしかないものの、全て同じ6ミリで
糸通し穴もウキ止めがきっちりかかったので問題無し。
(左がセラミック6ミリ、右が天然貝ビーズLサイズ)

 あとはカゴですが、最近はスペーシアを削るのは
下カゴだけにして、上は市販のロケットカゴをカット
して使うようになりました。

 穴の位置を完全に塞いだものと、開けたもので2タイプ
使っていますが、トラブルも無くコマセも入れやすい。

2012521-02.jpg

 何より樹脂練り込みの夜光タイプが使用でき、しかも浮力が
あるので特別な加工は不要。
長いタイプのロケットカゴもあったので、コマセ容量の多いタイプは
そちらで作ってみようかと思います。

にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ 磯釣りへ
にほんブログ村

6月からに向けての制作物

 ここのところは仕事が忙しく、4月も1日程度しか
釣りには時間を使えなさそうです。。

 そんな中、またも制作物を2点。
少しの時間の積み重ねで、毎日少しずつすすめて
何とか出来上がりました。

201231909.jpg

 一発カゴ、夜光バージョンです。

201231907.jpg
 
 開きを100%にするためリングを入れました。
さらに今回は目標にピッタシ。全て60グラムに出来ました。

201231906.jpg

 まだもう少し作ろうかと思っています。

201231908.jpg

 あとは、以前から買うか作るか迷っていたコチラ。

201231901.jpg

 まずは木型を作り、それに合わせてアクリル板3ミリをコピー。

20123191.jpg
 
 穴あけとこのパーツの心臓部になるアレを固定。

20123194.jpg

 そうです、ABU用自作magブレーキです。
磁石はネオジム磁石を使用して制作しました。

 このようにピッタリです!

20123193.jpg

20123192.jpg

 飛距離も落としたく無いですし、実釣でバックラッシュも
なるべく起こしたくないので、いろいろと評判のMAGを組み込んで
みる事にしました。
(ちなみにネオジム磁石は6パイ*3ミリ、磁力0.8KGを選んでみました。)

 今年は釣れだす時期からはロスなしで釣りをしたいものです。

にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ 磯釣りへ
にほんブログ村
 



















一発カゴ考察 2012-③

 こんばんはです。

 この間の釣りは完敗でしたが、自作道具の方は
色々と結果と改良点が見えました。

 まずはコヤツ。

2012315-1.jpg

 前々回、開いたり、開かなかったりで微妙だった一発クン。
今回はリングをつけた結果、100%開いておりました。
また、カゴ釣り日記のhijiさんに教えて頂いた天秤とカゴの固定で
絡みもゼロ。実釣仕様にようやくなりました。

 ただ、もう少し内径の小さいリング、、、と探したり
特注で何とかできないかと会社の協力業者さんに聞いてみましたが
外径-内径/2=2ミリ以下は厳しいとのこと、、。
まあ、コレでもコマセの出は問題無かったので、今シーズンは
これで行ってみましょう。。

 そして今回ウキも新たに制作してテストしてみました。

2012315-2.jpg

 今回の改良点は、今まで全くスルーだった3枚羽根にしてみた事と
センターバランスをきっちり出して制作してみました。

 結果は今までの中でベストなウキでした。
今までは何となく作り、センターバランスなどは適当でしたが、
今回のものはセラミックシモリなど重量のあるシモリを入れなくても
程よく離れ離れすぎないバランスの良い飛び方をしてくれました。

2012315-3.jpg

 このウキとカゴで今年は一杯イナダやイサキが釣れたら
良いのになあ。。。

にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ 磯釣りへ
にほんブログ村
 

 

 

スペーアカゴ追加制作

 今週は結局土日も仕事になってしまいました。

 最近は仕事がとても忙しく、静岡や京都など
出張も多くなかなか釣りにはいけない、、、。

 でも、2月中に作ろうかと少しずつ暖めていた
カゴも何とか出来上がりました。

201233-4.jpg

 春の鯛用に少し重めに作りました。(錘負荷18号)
カゴSP3 4-52用にします。

 目標は90グラムでしたが、やはりヘタクソです(泣)

201233-3.jpg

201233-2.jpg

 練習用のカゴも作りました。
コチラは余っていたイレクターパイプ緑で。

201233-1.jpg

 来週はようやく行けそうですので、
釣果、乞うご期待下さい(なんて。。)。

にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ 磯釣りへ
にほんブログ村

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。