FC2ブログ

大容量カゴの制作 伊豆半島の釣りとレコード♪

伊豆半島の釣りとレコード♪ Top > スポンサー広告 > 大容量カゴの制作伊豆半島の釣りとレコード♪ Top > 自作釣具(カゴ) > 大容量カゴの制作

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) スポンサー広告

大容量カゴの制作

 今週は明日も仕事ですが、週末は釣りには行かず
娘チャンと遊ぼうかと思います。

 そろそろ暑くなってきて青物も回りだす季節に
なりました。そこで、8月からの青物釣りのために
コマセの良く入る大容量カゴを制作してみました。

 今回も市販のロケットカゴを流用して制作。

201261-03.jpg

 今回は竿への負担も考えコマセを詰めて105グラム
前後になるように目指して制作。
理論値上は左側の透明タイプが以下の容量計算①、
ピンクが以下の容量計算②となりますが、

①(筒部分)1.5(半径)*1.5(半径)*3.14*6.8(長さ)
 =48.042cc
 (円錐部分)1.5*1.5*3.14*3.7(長さ)*1/3
 -0.7*0.7*3.14*1.5*1/3(パイプ部分)
  =7.9442
 合計55.9862cc

②(筒部分)1.45(半径)*1.45(半径)*3.14*4.7(長さ)
 =31.028cc
 (円錐部分)1.45*1.45*3.14*3.7(長さ)*1/3
 -0.7*0.7*3.14*1.5*1/3(パイプ部分)
  =7.9442
 合計38.9772cc

 濡れティッシュを満タンに詰めてみると①で47グラム、
②で36グラムとやはり差がでたので、
今回はコマセには濡れティッシュの方が近いと思い
以下のような重量設定としました。

201261-01.jpg
(濡れティッシュ=コマセ想定で108グラム、理論値上で110グラム)

201261-02.jpg
(濡れティッシュ=コマセ想定で107グラム、理論値上で115グラム)

 あとは意外とここのパイプの取り付けが面倒でした。

201261-04.jpg

 少しオーバーしてしまいましたが、コマセ量も毎回ぎっちり満タン
に詰めることもなさそうですし、大丈夫かな。。

 夜釣りはお盆前まで、その前後から青物を狙ってみようと思います。

にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ 磯釣りへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント
計測記録
長さ、直径、質量、容積、材料等を、残しておくといいですよね。
ブログがあるので、日記がそのまま記録になります。
後で、同じもの、改良したいもの、を製作するときに、
とっても役に立ちます。
写真、縦横高さと計算結果、計測結果も合わせて、
残しておくと本当に有効だと、思います。
私も、自分で以前に製作した浮を見てみましたが、懐かしく思ってしまったことがあります。
参考になります。今後とも宜しくご掲載ください。
hiji
by: * 2012/06/08 00:20 * URL [ 編集] | UP↑


hijiさん
 
 こんにちは。

 制作記録は残しておくと便利ですよね。
ブログはとても良い忘備録となりますね。

 今頃hijiさんはK浜ですか?

 羨ましいです。
by: カサゴ * 2012/06/08 12:59 * URL [ 編集] | UP↑


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
【トラバURL】http://isofishing.blog52.fc2.com/tb.php/223-e58a3968
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。